IT Programming

【Windows版】Rubyのインストール方法【丁寧に解説!】

 

Windowsユーザ
Windowsユーザ
Rubyのインストール方法が知りたいなあ。Windowsでのやり方を教えて下さい。

こういう疑問に答えます。

 

この記事では、プログラミング歴1年半以上のぼくがRubyのインストール方法について解説します。

 

2つの手順で、20枚以上の画像つきで説明するので分かりやすいですよ!

 

記事の流れ

  • 【Windows版】Rubyのインストール方法【丁寧に解説!】
  • Rubyのインストールをやり直す方法

 

【Windows版】Rubyのインストール方法【丁寧に解説!】

 

1.Rubyをダウンロード

まずはRuby公式サイトへ行きRubyをダウンロードします。

 

「Download」をクリックします。

PCのビット数に応じて選んでください。

64ビットの方は「x64」(赤枠)をクリックでOKです。

 

*32ビットの方はx86をクリックしてダウンロードしましょう。

 

2.Rubyをインストール

Rubyのダウンロードが完了したので、次にインストールをしていきます。

 

ダウンロードしたものを開くと上記の画面が表示されます。

 

「I accept the License」にチェックを入れて「Next」をクリック。

 

どこにインストールするかを聞いています。

特に指定がなければこのまま「Install」をクリックしましょう。

 

確認画面です。

変更がなければ、そのまま「Next」をクリックします。

 

インストールが始まります。

 

「Finish」をクリックします。

すると黒い画面(コマンドプロンプト)が表示されます。

 

Rubyのインストールを完了させるには、MSYS2というものをインストールする必要があります。

 

「なんやこの画面...できるかな...」とビビるかもですが、ちょっと書き込むだけなので大丈夫ですよ!

 

分かりやすく説明していきますね。

赤枠で囲んだ部分に注目してください。

[ ]の中に書かれている数字を入力してEnterキーを押します。

[ ] の中に何も書かれていない方は3を押してください。

ぼくの場合[1,3]と書かれているので、1,3と記入します。

記入したらEnterを押しましょう。

するとインストールが始まるので、完了するまで2分くらい待ちます。

 

「succeeded」が表示されればOKです。

Enterキーを押して画面を閉じます。

 

Rubyインストールの確認方法

画面左下の検索窓に「cmd」と入力し、「コマンドプロンプト」を開きます。

「コマンドプロンプト」とは、先ほどの黒い画面のことです。

ここで、ruby -vと入力してEnterを押します

 

ちょっと注意点を話します。

ruby-vではなく

ruby -vです。

rubyと-vの間に半角スペースを入れましょう。

 

👆実際にruby -vで入力したものはバージョンが確認できていることが分かります。

 

これでRubyのインストールが完了しました!

お疲れさまです!

Rubyのインストールをやり直す方法

 

Rubyのインストールをやり直そうとフォルダを消そうとすると...

上記の画面が表示され、削除することができません。

そんな時の対処法をご紹介します。

 

画面左下のWindowsマークを右クリックして「タスクマネージャー」を開きます。

 

「パフォーマンス」というタブを開いて「リソースモニターを開く」をクリック。

 

Ruby関連のファイルを削除します。

これでRubyフォルダが削除できるようになっていると思います。

 

削除するときは

右クリック→プロセスの終了

でOKです。

 

まとめ:Rubyのインストール方法をご紹介しました。

この記事ではRubyのインストール方法をご紹介しました。

テキストエディタ探しにお悩みの方はSublimeText3おすすめです。

以下の記事でご紹介しています。

SublimeText3のインストール方法&日本語化【神機能も】

 

それじゃ~


スポンサードリンク

-IT, Programming

© Copyright March/2020 タクミ