Life

【実体験】国内で外国人と英語を喋る方法


スポンサードリンク

「おすすめの場所とかあれば教えてほしい」

「英語のアウトプットとして日本で外国人と喋りたいけど、どこがおすすめ?」
「おすすめの場所とかあれば教えてほしい」

 

本記事では、上記のお悩みを解消します。

こんにちは、たくみです。

僕は現在、外国人バーで接客をしていて、日本にいながらも英語のアウトプットが人よりは多いのではないかと思っています。

 

そんな僕が、日本国内で外国人と英語を喋る方法をいくつか共有します。

僕自身、フィリピン留学に3ヶ月ほど行っていたのですが、帰国後に英語で喋ることが恋しくて仕方なかったので、たくさん試してきました。

 

フィリピン留学についての記事はこちら▶︎「【社会人にも推奨】3ヶ月の英語 語学留学の体験談」

 

 

近年のグローバル化で外国人が増えてきたとはいえ、日本は島国で、他の国に比べてまだまだ外国人が少ないという印象です。

 

あなたのお悩みが僕にも伝わってきます。

当時の自分も悩んでいましたが、そこでいろいろ行動してきました。

 

本記事は、あの頃の自分に向けて届ける気持ちでお伝えします。

 

ぜひ最後まで読んでいただき、お悩み解消にお役立てください。

 

英語を外国人と喋れる場所

それでは早速、日本にいながらも外国人と英語で会話できる場所をお伝えします。
取り入れられそうなものを、ぜひやってみてください。

・観光地を巡る
・外国人バーに行く
・国際交流イベントに行く

それでは、詳しく見ていきます。

 

観光地を巡る

The・王道という感じですね。

外国人に人気の観光地であれば、外国人が集まってくるので、喋りかけるというものです。

 

喋りかける時に緊張するかもしれませんが、こればかりは慣れです。

 

先日、以下のポストをしました。

日本人が他人に声をかける人が少ないのは、教育が影響してそうです。昔から、「人に迷惑をかけてはいけない」という教育。それが上記の現象を生んでいる。

だから、話しかけられたとき、彼らは「こいつ何してんの?」と言わんばかりに無視。

フィリピンが恋しい。
 

上記の通り、「喋りかけたら迷惑かも」「変人と思われないかな...?」という思考は、日本人の教育が影響しているというのが僕の考えです。

 

実際、アメリカだと「エレベーターで知らない人と一緒になると、気まずいから向こうから話しかけてくる」というのも聞きますよね。

 

ここで言いたいのは、話しかけること自体を変に思わなくても良いということです。

むしろ、観光地に来ている外国人はフレンドリーで、日本文化を知りたい人が多いので、どんどん話しかけていきましょう。

 

とはいえ、話しかけるフレーズが思い浮かばないかもしれないので、いくつか例をご紹介します。

 

話しかけるフレーズ例

・How's it going?「調子はどうですか?」(いつでも使える)

・Do you need any help?「手伝いましょうか?」(相手が困ってそうな時)

ポイント:"I like your hat"などで、相手を褒めてから会話を進行させると、その後の会話がスムーズになりやすいです。"What are you doing ?"などで相手についていくつか聞いてみましょう。

 

「日本にいるなら日本語で話しかけるべき」論がありますが、ぶっちゃけ僕はどちらでも良いと思っており、個人的には英語派です。

 

理由としては、日本語で「元気にしてる?」「帽子素敵だね」とか言おうと思っても、何か言い出しづらいんですよね。

英語を喋ると何か、自信に包まれている感じがして、何でも言い出せる感じがするんです。

 

まあ人によりけりなので、あなたに合った方法で話しかけてみてください。

 

ここでは、直接対面で外国人に話しかけることについて述べていますが、「トライしてみたけど、内気な自分には合っていない」という方は、後述するオンラインの方法を試してみてください。

 

 

外国人バーに行く

これも定番かもしれないですね。

外国人バーには、たくさんの外国人がいます。

 

外国人バーのいいところは、喋りやすい雰囲気が既に出来上がっていて、日本に来ている外国人と気軽に話せることです。

 

「でも、日本人ばかりいそう...」と思う方は、ご自宅付近のバーを探して実際に行ってみてください。

少なかったら、後日他の場所に行ってみてください。

 

参考までに、僕が働いているShootersというスポーツバーは、外国人バーなのですが、お客さんの8割が体感として外国人です。

 

もし気になる方はそちらに行ってみてください

宣伝しても僕に一切フィーは入ってこないですが、英語を喋りたい方に結構おすすめです笑

 

 

 

国際交流イベントに行く

国際交流イベントに行って外国人と交流するのも考えられます。

 

僕が実際に行ったことのあるイベントはコスプレサミットです。

 

「え?コスプレなんかしないよ」という方、大丈夫です。

コスプレ自体が目的ではなく、あくまでも外国人と英語を喋ることが目的です。

 

僕は当時、コスプレサミットの会場が近かったので行ってみたら、世界中からコスプレ好きな人やアニメ好きな人が集まっていました。

外国人ホイホイという感覚で、たくさん喋りかけてました笑

 

アニメ好きの方は、既に共通の関心ごとがあることが分かっているので、こういうイベント参加は結構おすすめです。

その時のポストは以下のとおりです。


 単純に、いろんなキャラクターのコスプレを見るのが面白かったので、コスプレサミットはとても良い機会でした。

 

 

その他の国際交流イベントだと、タイフェスティバルというイベントに参加したことがあります。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

A post shared by Takumi Takekawa / たくみ (@takekawa7292)

↑会場で偶然、BeamSenseiというタイのインフルエンサーに出会いました笑

 

タイ人がたくさんいましたが、英語ではなく他の言語も喋ってみたい方は、こんなイベントも調べてみてください。

 

 

無料でオンラインで外国人と英会話する方法

これまで、対面で外国人と喋る方法についてご紹介してきました。

少しでも気になったものがあれば、ぜひ取り入れてみてください。

 

ここでは、

「自分はシャイだから、対面で喋るのは緊張する」

「都市部に住んでないから、外国人と喋る機会が全然ない」

という方のために、オンラインで無料で完結する方法をお伝えします。

 

それは、HelloTalkという言語交換アプリを使う方法です。

 

HelloTalkは、自分の得意な言語を教え合うというアプリで、これを使って外国人と繋がることができます。

あなた:英語を学びたい

相手(英語圏の人):日本語を学びたい

という関係で、お互いに言語をチャットで教え合えます。

 

ここでやりたいのは外国人と喋ることですが、HelloTalkでビデオ通話をするには、有料会員になる必要があります。

 

そこで、ある程度仲良くなったらInstagramなど、無料でビデオ通話できる媒体でのやり取りに変更しましょう。

 

コツとしては、ある程度期間が経ったら交換することです。

いきなりSNSを交換するよう促すと、相手に少し不審がられると思います。

 

まとめ:【実体験】国内で外国人と英語を喋る方法

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

本記事では、外国人と喋る方法について、まとめてきました。

 

僕自身、外国人と喋るための方法を考えて行動に移してきた結果、英語を喋るのが本当に好きなんだと改めて思いました。

 

この記事があなたの役に立てたら幸いです。

ありがとうございました。


スポンサードリンク

-Life

© Copyrightv2019-2022 タクミ