Blog IT

ブログ運営5ヶ月目

5ヶ月目報告です~

 

前回たてた目標を確認。 

ツイート3ツイ。
アクセス数500超えをキープ

 

アクセス数:449

前回530だったので90ほど下がってしまいました...orz

記事数は7記事と4ヶ月目とほぼ同じですが下がりました。

 

ペンギン、パンダ並の大型アプデ?

RustyBrickというソフトウェアなどを手掛ける米会社のCEOの方のしたツイートをTwitterのTL上で頻繁に見ました。


 8月11日ほどにGoogleのアプデが行われていたみたいですね。

 

ネット上の声

やっぱアプデは下がらない人は下がってないみたいですね。

おっと...マナブさんを例に持ってきてはダメか笑。

 

 

考察

「アプデのせい...」と言えばそれまでなんですが、まだ立ち上げてから5ヶ月しか立ってないぼくはあまりアプデの影響があるとは思いません。

 

単純に記事数が足りないと思うので、増やしていってからアプデの影響とかを考えます。

なのでまずは100記事ですね。

 

ツイート数:2ツイが2日ほど...

「ツイート3回以上」という目標でしたが、また2ツイほどになってました。。

確認したのですが、2ツイになってる日は前回のブログ運営報告をしてから1日目と3日目でした笑。

早速気が抜けてる笑

 

ただ、なぜかそれ以降は3ツイ以上できていました。

この運営報告を書き終えた後も「3ツイ」を意識したいです。

 

 

最近のツイート

👆時事系のツイート。

就職試験のSPIで時事問題について出題されるので、最近は興味のあるものをピックアップして要約することで定着させることを意識してます。

インプレッション率がめちゃ低いですが笑。

 

Twitterはこういう使い方もアリかなと。

 

👆本で学んだことツイート。

これは今までもやっていましたが、

「何が面白かったのか」
「何を学んだのか」

を意識してツイートするようにしました。

少しでも多くの人に共感をしてもらえたり、学びを与えることで自分に興味をもってくれる人が増えてほしいという願いからです🙏

 

インフルエンサーのツイートに絡む

我ながら、ためになることを多くツイートしてるつもりなので、インフルエンサーにぼくのインプレッション率を高めてもらってユーザをプロフに促すということを意識してます。


 マナブさんへの返信は他のインフルエンサーの方に比べて、なぜかやけにインプレッション率が高いです笑。

上記のリプはマナブさんのためを思って役立つ感じのツイートを意識しました。

 

ここから分かるのは、

リプといえども誰かに役立つリプを意識セヨ

 

これによって自然とRTの数も増えるんですよね。

その証拠に、「役立つ」を意識した上記のツイートはRTが4もあります。

 

忘れないようにもう一度書いておきます。

リプといえども誰かに役立つリプを意識セヨ

 

 

収益:うまい棒7本

先月は4本だったので、3本分増えました!

とはいえアドセンスはあまり期待してなくて、アフィリエイト報酬発生を待ってる感じですね。

お金がほしいのではなく、自分のチカラで誰かに行動を起こさせたいからです。

 

きれいごとかもですが、ガチです笑。

 

ブログ運営5ヶ月目のまとめ

アプデがあったとはいえ、自分は影響をそこまで受けないはず←とりま記事数増やそう!

3ツイートに増やす←運営報告書いてから気が緩みがち。今から意識!

 

先日以下のツイートをしました。

ブログやってて思うのですが「SEO、ユーザを意識した記事執筆」ってスげえことやってますよね✨
どうやったら
・デザインをきれいに見せれるか
・アフィリンクまでスムーズに誘導できるか
・Googleに好かれるか
などとことん考える🤔    

普通の学生生活だったらこんな機会なかった。
ブログに感謝です😌

ブログやってると「全然アクセスない」「収益が上がらない」とか思うかもですが、ブログ活動する人ってもっと他の面にも目を向けるべきだと思うんですよね。

ブログを書いてると、

「商品が売れる仕組みをどうやって作ろうか?
「もっと見やすくするにはデザインをどうすればいいだろう?」

などいろいろ考えると思います。

 

こんな経験って特に普通の学生生活ではできないですよね。

 

ただバイトをしてお金をもらうだけの人より間違えなく「考える時間」が変わると思いますし、それがブログで得られる最高の資産でもあると思います。

 

てなわけで、気長にブログを通してスキルアップしていきたいと思います。

 

そんじゃ!


スポンサードリンク

-Blog, IT

© Copyright March/2020 タクミ