Review Student

Audibleの評判と使ってみた感想【無料体験も】

 

Audibleの評判が知りたいなあ。できれば使ってみた人のリアルな感想も知りたい。

 

こういう疑問をお持ちの方に向けた記事です。

 

Audibleは、本を「聴く」ことができるAmazonのサービスのことです。

プロのナレーターや有名人の朗読で本を聴くことができます。

 

この記事を書いているぼくはAudible無料体験中です。

この記事を読むメリットは以下の感じです。

この記事を読むメリット

・Audibleの評判がわかる

・実際に使っているぼくのリアルな感想がわかる

・どういう人におすすめかがわかる

・購入方法がわかる

・Audible会員限定の独自サービスがわかる

 

 

記事の流れ

  • Audibleの概要
  • デメリット
  • メリット
  • 実際に使ってみた感想
  • 使い方
  • Audible独自サービスについて
  • Q&A

 

それでは見ていきましょう。

Audibleの概要

  • 月額1500円で1冊無料で読める
  • Audibleコンテンツ単品購入で30%OFF
  • 40万冊以上のラインナップ
  • 購入後の返品が可能
  • 購入したコンテンツは退会後も聴ける

 

Audibleのデメリット

テキストがない

Audibleは「聴く」にフォーカスしているのでテキストがありません。

本を買いたくなる人もいるようですね。

 

追加で買うと高い

毎月の1冊無料に追加でコンテンツを購入するときの料金が高いようですね。

追加で購入するときは30%OFFとはいえ、Audible書籍はそもそも料金が割高なのでそこに不満を持つ人がいるようです。

 

Audibleのメリット

スキマ時間を有効活用できる

Audibleがあればどこでもいつでも本を聴けます。

スキマ時間を有効に利用できるとの声です。

 

 本が苦手・忙しい人に向いてる

「聴く」ので、読書が苦手な人におすすめのようです。

何かをしながら聴けるのもいい点ですね。

 

Audibleを実際使ってみて

悪かった点

テキストがない

音声が流れるだけなので、何を言ってるのかを目で追うことができません。

なのでナレーターが目次を読んでいるときは特に迷子になりやすいです笑。

 

ぼくは普段マーカーを引いて読書をするため、目印をつけれたらなあと思いました。

 

良かった点

いつでもどこでも聴ける

スマホ1台で聴けるので、散歩しながらとかでも聴けますね。

ぼくは公園を歩きながらAudibleを聴いたのですが、いつもとは違う新鮮な空気を味わうことができました。

 

結論、こんな人におすすめです

  • 読書が苦手な人←音声で話が進むから話が入ってきやすい
  • スキマ時間を有効に使いたい人←ちょっとした待ち時間で聴ける

Audibleを無料体験する

 

Audibleの使い方

まずAudibleのページから30日間の無料体験に登録します。

 

いつでも解約できるのでご安心ください! (`・ω・́)ゝ

 

*無料期間をすぎると自動的に有料プランに移行することがあります。無料体験のみを希望する方は期間内に解約をしてください。

解約の方法に関しては以下の記事にまとめましたのでどうぞ。

Audibleの解約方法【解約後どうなるのかも実機で解説】

 

アプリをインストール

👇こちらからAudibleをインストールできます。

>>Appstoreから

>>GooglePlayから

 

購入方法

Androidでの購入方法をご説明します。

 

iPhoneの方は

1.「ウィッシュリスト」に追加

2.ブラウザ画面で購入

という流れで購入できます。

 

詳しくは【ひとクセあり!?】iPhone版「Audible」(オーディブル)で作品を購入する方法(手順を詳しく解説)をどうぞ。

上記の記事にわかりやすくまとめられていました。

 

ではAndroidの画面で購入の流れをご説明します。

Audibleの購入方法ステップ1の画像

右上の検索バーをクリック

 

Audibleの購入方法ステップ2の画像

ほしい本のタイトルを入力

 

Audibleの購入方法ステップ3の画像

「超集中力」を買ってみます。

 

Audibleの購入方法ステップ4の画像

「1コインで購入」を押す

 

Audibleの購入方法ステップ5の画像

「注文を確定する」を押す

 

Audibleの購入方法ステップ6の画像

「ライブラリーを見る」を選択

 

Audibleの購入方法ステップ7の画像

数秒たつと1番上に表示されます。

 

Audibleの購入方法ステップ8の画像

タイトルをタップで再生されます

 

再生画面のみかた

再生速度

Audibleの再生速度の見方の画像

再生速度を変えることができます。

0.5~3.5倍速まで自由に決められます。

 

目次

Audibleの目次説明の画像

どの章を話しているのかを示してくれます。

*細かい目次などは表示されません。

 

スリープタイム

Audibleのスリープタイムの説明画像

タイマーを設定することができます。

寝る前に聴く方におすすめですね。

 

ブックマーク

Audibleのブックマークの説明画像

大事だと思ったところをメモできます。

 

Audible独自のコンテンツ配信=Audible Station

Audibleの会員のみが楽しめる「Audible Station」というものがあります。

  • エンタメ系
  • ビジネス系
  • 落語系

など、さまざまです。

 

無料体験中の方でも楽しむことができます!👍

 

ダウンロードの手順をご紹介します。

 

Audible Station のダウンロード手順1

ホーム画面へ行き、聴きたいものを選ぶ

 

Audible Station のダウンロード手順2

「このシリーズを購読する」を押す(iPhoneの方はウィッシュリストでOKです。)

 

Audible Station のダウンロード手順3

「注文を確定する」をタップ

 

Audible Station のダウンロード手順4

「ライブラリーで見る」をタップ

 

Audible Station のダウンロード手順5

しばらくするとライブラリーに表示されます。

 

Audible Station のダウンロード手順6

全然表示されない方は上のところが「クラウド」になっているか確認してください

 

Audible Station のダウンロード手順7

「︙」マークを押します。

 

Audible Station のダウンロード手順8

「ダウンロード」をタップ

 

Audible Station のダウンロード手順9

ダウンロードが開始されます

 

Audible Station のダウンロード手順10

ダウンロードが完了。タップしてみましょう

 

Audible Station のダウンロード手順11

再生されます

 

Audible Q&A

Q. 返品はどうやってやるの?

A. 以下の記事にまとめましたので、ぜひどうぞ。

返品のイメージがなんとなくつかめるかと思います。

【失敗しない】Audibleの返品方法【注意点も】

 

Q. 解約方法を知っておきたい。

A. 解約方法に関しては以下の記事にまとめましたので、どうぞ。

実機も使って、よりリアルに解説したのでご参照ください。

Audibleの解約方法【解約後どうなるのかも実機で解説】

 

まとめ:本を「聴く」という新しい経験

Audibleについて見てきました。

 

正直ぼくは無料体験だけでいいかなと思いました。

やっぱり本で読みたい派です笑。

 

「無料ならとりあえず登録すれば良いや」と思いAudibleを無料体験しました。

 

  • ほしい本が高いから買うか迷っている
  • 買うまではしなくていいけど内容が気になる本がある
  • 本を「聴く」体験をしてみたい

という方は無料体験してみたらいいのではと思いました。

 

返品する方は常識の範囲内で返品することができます。(返品しすぎると返品できなくなります)

詳しくはAudible公式サイトをどうぞ。

 

Audibleで本を「聴く」体験をしてみませんか?

Audibleを無料体験する

 

 

以上になります。


スポンサードリンク

-Review, Student

© Copyright March/2020 タクミ